土づくり・植え替えサービス

土づくり・植え替えサービス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
グリンバルでは、母体が植木屋という特徴を生かし、数種類の用土をご用意しています。ブレンド次第で、観葉植物用の土、多肉植物用の土、外の木や花用の土、野菜の土など、ほとんどの植物の土づくりを必要な量で作っていただくことが可能です。「多肉用土を袋買いしても余ったら大変」という方にも、必要分だけ買えるということにご好評頂いています。

なぜ観葉植物と露地物で土の種類が違うのかというと、観葉植物はもともと菌が少ない環境で育っているため、植え替える土も菌が少ないタイプを利用する方が良く、外の植物は、微生物が入っていることで腐敗したものを養分としているので、真砂土や腐葉土がメインとなります。
基本的に用土は、「植物の元々の育った環境に近づける」ということが、植物のスムーズな成長を促すポイントとなります。
植物にとって、土はお家です。土だけがすべてではありませんが、まずは快適な住まいを作ってあげることが重要ですね。

Greenbalにある土の種類

真砂土

日本でよくある土になり、山から切り取った土になります。山の深いところから切り取ることで草の種や落ち葉が入っていない菌が少ない土ができます。庭木・プランター・畑などの主になって使われる土です。

腐葉土

草木・落ち葉などが堆積して腐敗した土。栄養に富んでいますが、化学肥料のようにではなく、ゆっくりと、自然な形で養分を吸収することができます。

木炭

土の保温・保水・通気性の改善のために用いられます。さらに、植物の発根を促し、肥料吸収を高めるために利用します。広葉樹・針葉樹を炭素化したものが原料で、野外・屋内どちらの植物にも使います。

川砂

通気性・水はけを良くし、時間経過と共に土が固くなりすぎるのを防ぎ、発根を促します。

赤土(赤玉)硬質

保水性があり粒が崩れにくいので、多様な観葉植物に用いられます。

鹿沼土

関東ローム層で採取できる軽石です。赤玉土と並んで、基本用土の1つとして園芸やガーデニングには欠かせない存在です。粒が硬く崩れにくい、水はけと水もちのバランスがよいという特徴があります。

バーミュキュライト

鉱物を加熱した物になり、酸化ケイ素、酸化マグネシウム、酸化アルミニウムを主成分とする鉱物です。植物の生育をよくするマグネシウムやカリウム、鉄分といった微量要素を含んでいます。ただ、含有成分が水や土に溶け出すことはほぼないことから、肥料としての効果は期待できません。そのため、土壌改良材として使われるのが一般的です。保温性と通気性があり、挿し木や植え替え、種まきの際に用いる事が多い土壌改良材です。

ピートモス

ピートモスとは、水気の多い場所で育った植物を細かく砕いて乾燥させた土です。主にコケ類を原料としており、自分の10〜30倍ほどの水分を吸収する特徴があります。(※1)
ガーデニングや園芸では、水もちを良くするための土(土壌改良材)として利用されています。保水性・保肥性・通気性を高める効果があり、土をやわからくする酸性土壌のため、主にブルーベル-などを植栽する時に用います。保水性が強いため、一度に多く使用しすぎると根腐れの原因となる場合があります。

ひゅうが土

宮崎県で算出する軽石の一種。土そのものに水穴があり、吸水性がよいことで知られています。鹿沼土より硬く軽石よりやわらかく、くずれにくいという特徴があります。無菌のため病害虫の発生の心配がないため、幅広い植物に使うことができます。

ヤシガラチップ(ハスクチップ)

ココヤシ線維からできており、土壌改良材として使用されることが多く、土壌の固結防止、通気・透水性を上げるためのサポートをします。スポンジ構造のため、吸水・保水・排水・空気層の維持に優れています。

ブレンドの方法

大まかなブレンドとしては、多肉植物のときは水はけの良い赤玉・鹿沼土・日向土と、プラスαで腐葉土・バーミキュライトなどを大体同じ割合くらいです。保水性をあげたい、水はけを良くしたいなどで、割合を調整します。塊根植物の砂漠地帯が原産の植物は、特に水はけを良くしたいので、日向土・ヤシガラ・川砂・赤玉など配合します。
お外で過ごす露地植物は、真砂土と腐葉土がメインで、木炭や肥料などをブレンドします。ブルーベリーなどは酸性の方が良いので、ピートモスをブレンドします。
畑用土のときは露地物の土に鶏糞・牛糞などを少し混ぜると、元気な野菜ができます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • greenbal グリンバル

    営業時間 11:00~17:00
    定休日 木・金・土
    ※臨時営業/休業有
    TEL 070-2161-0271
    FAX 077-535-4592

  • 庭園設計/施工・造園 植威

    営業時間 9:00~17:00
    定休日 土日祝祭日
    TEL 070-535-0753
    FAX 077-535-4592

最新記事

スタッフブログ

体験・イベントレポート

比叡平の周辺情報

特集

@greenbal